クリニックで行なう長茎手術

多くの男性はペニス自身の長さが短いと感じており、長くすることは悲願と言ってもいいでしょう。クリニックで行なう長茎術はそれをかなえるもので、方法はいくつかあります。
ペニスを構成している主な組織、陰茎海綿体は靭帯によって恥骨と結合しています。
その靭帯を緩めて体内に隠れていた海綿体を根元から引き出すことでペニスを伸ばす方法で、これにはメスを使った手術とメスを使わないものが存在します。

患者によって適した手術方法がありますが、メスを使った方法の方が多くの患者に対応するようです。
メスを使うといっても傷跡は少しで、陰毛によって隠れることがほとんどですので目立ちませんし、手術後も突っ張った感覚や後遺症などはありません。
仮性包茎が改善されるといった治療効果もあります。また手術は最適な麻酔を使って行ないますので痛みはありません。

敏感な部分を手術するからといっても心配はありません。
手術前に丁寧なカウンセリングや十分納得するまで説明がなされます。
また何センチくらい伸びるかもおおよそ分かりますから安心。
そして長茎手術は海綿体に一切手を加えず行い、性機能にも影響が出ることもなく、手術前・手術後のペニスの強度も変化がありません。

手術は幅広い年代の患者が行っており、以前は30代が多かったのですが、近年では50、60代などの中高年の方々が希望するケースが多い傾向があるようです。

PRホームページ
長茎術・切らない長茎術と症例が豊富なクリニックはこちら
メンズサポートクリニック
フリーダイヤル:0120-76-6800

憧れの長茎にある方法ってあるの?

男性特有の身体の悩みと言えば、包茎を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
実際に包茎の治療をしてくれるクリニックってたくさんありますよね。
経費削減を徹底することによって、包茎治療のレベルを下げずに低価格化を実現した病院などが登場したので、結構誰でも利用できるようになりました。
それとは別に、自分のペニスが短いと悩んでいる人も意外に多いですよね。
ペニスの長さも、手術をすることで伸ばすことは不可能ではありません。
これでもう短小と馬鹿にされることもなくなりますし、彼女や奥さんに物足りない思いをさせないで済みそうですね。
長茎に生まれ変わって、自分に自信を持ってくださいね。
長茎にするための手術って、一体どのようなことをするのでしょうか。
何か詰め物をするとしたら不安になる人もいるでしょう。
クリニックで広く行われている方法だと、靭帯を少しだけ緩めることで、ここと繋がっている海綿体を引っ張ることで長くすることができます。
オプションで睾丸にコラーゲンを注入して形を整える施術もしてくれるクリニックもあるので、これをきっかけに自分の男性器を堂々としたものに整形したい人はまとめてやってみても悪くはないかもしれませんね。

長茎術でコンプレックスを解消する

男性特有の悩みのひとつに男性器の問題があります。
専門クリニックでは男性器が短いことに悩む男性に対して長茎術を行っています。
長茎術とは体の中に埋もれている陰茎を体の外に出す治療になります。
埋まっていた陰茎が外に出るので長く見せることができます。
見た目のコンプレックスをスピーディーに解決できる長茎術は、注目を集めています。
日本人男性は包茎の問題を抱えている人も多いですが、軽度の包茎であれば長茎術で改善することも可能です。
長茎術はクリニックによって様々な施術方法があります。
一般的に埋没している部分をメスを使って引き出す治療とメスを使わない方法があり、状態をみて治療方法を決めます。
埋没した部分をメスで引き出す治療は、半永久的な効果が期待できます。
手術跡についても陰毛に隠れるので目立たないです。
メスを使うことに抵抗がある場合は、切らない方法も選択できます。
切らなくても陰茎を長く見せることができ、傷跡もほとんど残らないので人気を集めています。
昔に比べて陰茎が短くなった気がする人や座ったときに下腹部にサオが埋もれてしまう人に適した施術方法です。
簡単な施術で陰茎のコンプレックスを解決できます。
施術前には医師が説明を行うので、初めて施術を受ける人でも安心です。

ペニスを長茎にする方法

ペニスを長茎にする方法というのは実はいろいろとあります。
最終的には手術というような事も出来ない事ではありませんが、そのような事までしなくてもいろいろな方法で長く、大きくする事は出来るのです。
まず、ペニスが大きくなるのは、血流に関係しているという事を理解するようにしましょう。
風船に水を入れると大きくなることがイメージできると思われますが、これと同じ事が勃起の時には起きているので、この風船を水で膨らますときの水の量を多くするという事が出来れば、膨らむという事が理解出来れば、勃起時の血流を多くすることでペニスが大きくなるという事も理解できるはずです。
この血流の調整という事はED治療などでも行われている物なので、医療の現場でも考えられている方法だという事です。
血流の調整は神経やホルモンの働きによって調整されているという事もありますが、トレーニングによって変化させるというとこも出来ますし、イメージトレーニングによっても変えていく事が出来るという事にもなりますから、長茎にしたいというのであれば、様々な方法を試すという事もしてみるのもいいでしょう。サプリなどでも比較的簡単に変わるという事もあります。

長茎術は二通りあります

ペニスを今よりも長くする手術のことを、一般的に長茎術と言います。
どれくらい長くできるかですが、個人差があるものの2センチから5センチくらいは伸ばすことができるんですよ。
ペニス増大サプリメントなどを地道に飲むよりも、すぐに長茎にできるので即効性があるのがメリットです。特に長茎術が有効な相手なら、最大で7センチ伸ばせる人も。手術にかかる費用は大体35万円くらいです。
長茎術は、ペニスにメスを入れてずっと長い状態をキープできる方法と、二重瞼にしたり、しわやたるみを取るプチ整形のように、効果は限定的ではあるものの、メスを使わない方法と選べます。
このうち、どちらが患者さんから多く選ばれているかというと、圧倒的に前者なんですよ。医療用の糸でペニスを伸ばした状態で固定する方法は体を切らなくてもいいいものの、根本的な解決を望んでいる人の方が多いんですね。
手術では、ペニスを構成する海綿体に繋がる靭帯を多少緩めて、海綿体を体の外に出す方法です。
この状態で固定をしたら、長いペニスに生まれ変われます。
この方法でペニスを伸ばすと、自然に包皮が後退していくので、短小包茎の人はどちらの悩みもまとめて解決できるのでおすすめです。